新しい音楽教育を考える会について

新しい音楽教育を考える会について

Institute of Creativity in Music Education

 1991年、創造的音楽学習の提唱者であるジョン・ペインターが東京現代音楽祭での講演のために来日した折りに、小さな集まりで音楽づくりのワークショップをやっていただいた。それは、日本ではじめての音楽づくりワークショップであった。そこに集った人たちを中心に結成されたのが「新しい音楽教育を考える会」である。以来、「新しい音楽教育を考える会」では、日本における「創造的音楽学習」(現在の学習指導要領における「音楽づくり」「創作」の分野に,さまざまな形で貢献してきている。1990年代にはすでに国内外からゲストを招き,さまざまな民族音楽のワークショップ、現代音楽の作曲家や演奏家によるワークショップ、また、ロンドン・シンフォニエッタのメンバーをイギリスから招聘してのワークショップ・コンサートなど、主に音楽づくりを中心とした企画を行なってきた。また教員や研究者を中心とした10数人のグループでイギリスを訪問し,サウス・バンク・センター,ギルドホール・スクール,ロイヤル・バレー,ロンドン・シンフォニエッタなどでワークショップを受けるというツアーも行った。

 参加者は修士/博士課程の院生,小学校から大学までの教員,音楽教育の研究者,さまざまなジャンルの演奏家や作曲家など幅広い。現在では年1度の研究大会の他、1ヶ月〜2ヶ月に1度程度の研究会をガレージ・スタジオにて行なっている。2012年からは英文のInternational Journal of Creativity in Music Education2016年からは日本語の「音楽の授業づくりジャーナル」を発行している。

 この会ではこれからも,音楽づくりをベースとした新たな音楽の授業づくりを,常に提案していきたいと考えている。

坪能 由紀子

新しい音楽教育を考える会代表
日本女子大学名誉教授
開智国際大学教授