第23回オンライン・ガレージ・ゼミ

第23回オンライン・ガレージ・ゼミ

日時:2022年11月26日(土) 16時〜

場所:Online
  (ご出席の方には,前日の夜までに,参加URLをこのアドレスからお送りします)お申し込みは下記のリンクです。

https://olg-23.peatix.com

【ビーバーのパッサカリアのテーマをもとにした音楽づくり】
話題提供:古田彩乃
今年8月に開かれた「夏の音楽づくり研究会」では古田彩乃先生(横浜市教育委員会)が,ビーバーの「パッサカリア」のテーマをもとに,みんなで音楽づくりをするというワークショップをしてくださいました。4音だけでできた単純なテーマをもとに,出席の方々からたくさんの変奏が生まれていきました。

これをもとに,9月には横浜市立都田小学校の子どもたちが同じテーマでパッサカリアをつくりました。
夏の研究会の時にS(Supporter)の役目を担ったヴァイオリニストの藤本茉里恵さんが授業にも参加し,子どもたちは生のヴァイオリンの美しい音色を夢中になって聴いていました。そして彼女と子どもたちの,音楽を通しての会話。これこそ,プロの演奏家に参加してもらうことの大きな意味だと思われました。

今回のゼミでは,その時の様子を古田先生に動画を交えながら語っていただきます。

「音楽の授業づくりジャーナル」7号が発行されました

「音楽の授業づくりジャーナル」7号が発行されました

https://www.icme.jp/journal/

特集「ペンタトニックの広がり」

 「新しい音楽教育を考える会」で出版している「音楽の授業づくりジャーナル」7号が,2022年10月に発行されました。ペンタトニック(五音音階)がJ-POPをはじめとするポピュラー音楽,日本の民謡や伝統音楽,世界中の音楽にどれほど広がっているのか,そしてそれらがどんなふうに日本の学校教育で実践されているのかを,多様な角度から見ていきました。

本号は次の3部分に分かれています。

【実践報告】
小学校,中学校,ブラスバンド,特別支援学校での4つのペンタトニック にもとづいた実践を紹介。

【さまざまな音楽に広がるペンタトニック:教材化への提言】
8人の音楽家がそれぞれの専門の音楽を紹介し,その教材化について提言。

【講演記録】
岡田猛氏(東京大学)による「創造的イマジネーションの育成」の記録。

 ペンタトニックをあらためて見直すことによって,いかにそれらが私たちの音楽にとって大切なものであるかを実感していただき,これからの音楽教育に生かしていきたいと思います。

坪能由紀子
音楽の授業づくりジャーナル7号編集代表
新しい音楽教育を考える会代表理事

第14回「音楽づくり」夏の研究会報告

第14回「音楽づくり」夏の研究会報告

2022年8月26日と27日,第14回「音楽づくり」夏の研究会が3年ぶりに東京成徳大学で開催されました。コロナ禍に配慮して,人数を制限しての会となりましたが,ワークショップをリードしてくださった方たちから新しいアイディアをいくつも提案していただき,会場は熱気につつまれました。
今回,それぞれのワークショップをリードしてくださった方たちから,その様子をご報告いただいています。また会場を提供していただいた味府先生からもコメントをいただきました。
あの素晴らしい時間に思いをはせながら,ぜひお読みいただければと思います。

第14回「音楽づくり」夏の研究会報告

坪能由紀子,
新しい音楽教育を考える会代表理事

第22回オンライン・ガレージ・ゼミ

第22回オンライン・ガレージ・ゼミ

日時:2022年10月29日(土) 16時〜

場所:Online

           (ご出席の方には,前日の夜までに,参加URLをこのアドレスからお送りします)

お申し込みは下記のリンクです。

https://olg-22.peatix.com

【テーマ】小学校におけるペンタトニック ・スケール

話題提供:石上則子(元 東京学芸大学)

「新しい音楽教育を考える会」で出版している「「音楽の授業づくりジャーナル」7号では,「ペンタトニックの広がり」を特集しています。そしてその中の【さまざまなおに広がるペンタトニック :教材化への提言】では,さまざまな分野の音楽の専門家から,さまざまな種類の音楽を紹介していただき,その教材化のためのアイディアを書いていただいています。

今回の研究会ではその中から,小学校における実践でも長い経験をお持ちの石上則子先生に,小学校の教材としてペンタトニック がどのように位置づけられているのかを考察していただき,さらにこのテーマにもとづいた新しい実践の紹介もしていただきます。

第18回オンライン・ガレージ・ゼミ

第18回オンライン・ガレージ・ゼミ

直前になってしまいましたが,第18回オンライン・ガレージ・ゼミのご案内をさせていただきます。
今回は研究発表というよりは,何人かの方による提案,およびICTを使った授業の報告などにしたいと思います。

日時:2022年4月30日16時〜
Online (お申し込みいただいた方には,前日の夜までに,リンクをメールでお知らせします)
下記からお申し込みください。

https://olg-18.peatix.com

【内容】
日本のピアノ教育を考える
メンバーの全員がなんらかの形でピアノのレッスンを受けてこられたかと思います。
また教員や保育士養成機関で,ピアノ教育に携わられている方も多いと思います。
小学校,中学校の先生方の中には,今まで習ってきたピアノではないピアノを授業で使ってみたいと思っている方もおられるのではないでしょうか。
こうした長年のピアノ教育への疑問や要望について,みんなで議論しましょう!

実践報告:ICTを使った授業
これについては,みなさまの中からこんな授業ができたというご報告,あるいは提案をいただければと思います。
ぜひ私の方に前もって,メールでお知らせください。