Browsed by
カテゴリー: ジャーナル

「音楽の授業づくりジャーナル」7号が発行されました

「音楽の授業づくりジャーナル」7号が発行されました

https://www.icme.jp/journal/

特集「ペンタトニックの広がり」

 「新しい音楽教育を考える会」で出版している「音楽の授業づくりジャーナル」7号が,2022年10月に発行されました。ペンタトニック(五音音階)がJ-POPをはじめとするポピュラー音楽,日本の民謡や伝統音楽,世界中の音楽にどれほど広がっているのか,そしてそれらがどんなふうに日本の学校教育で実践されているのかを,多様な角度から見ていきました。

本号は次の3部分に分かれています。

【実践報告】
小学校,中学校,ブラスバンド,特別支援学校での4つのペンタトニック にもとづいた実践を紹介。

【さまざまな音楽に広がるペンタトニック:教材化への提言】
8人の音楽家がそれぞれの専門の音楽を紹介し,その教材化について提言。

【講演記録】
岡田猛氏(東京大学)による「創造的イマジネーションの育成」の記録。

 ペンタトニックをあらためて見直すことによって,いかにそれらが私たちの音楽にとって大切なものであるかを実感していただき,これからの音楽教育に生かしていきたいと思います。

坪能由紀子
音楽の授業づくりジャーナル7号編集代表
新しい音楽教育を考える会代表理事

International Journal of Creativity in Music Education vol.9 の発刊に際して

International Journal of Creativity in Music Education vol.9 の発刊に際して

2022年3月に上記ジャーナルのvol.9が発行されました。特集名は“Everyone can Create Music”(誰にでもできる音楽づくり)です。SDGsの“No one will be left behind”というキーワードとも関わりを持つと考えられるこの特集では,楽器の演奏技術や読譜力ではなく「創造性」を育てることこそに目を向けよう!という,このジャーナル発行元の「新しい音楽教育を考える会」の理念がそのまま反映されています。みなさまにお読みいただければ幸いです。

https://www.icme.jp/en/jcme/

坪能由紀子
International Journal of Creativity in Music Education 編集長
「新しい音楽教育を考える会」代表理事

「音楽の授業づくりジャーナル」6号発刊

「音楽の授業づくりジャーナル」6号発刊

「音楽の授業づくりジャーナル」6号,特集:Creative Musicと作曲家が発刊されました。今回はストラヴィンスキーの「兵士の物語」を皮切りに,森田泰之進,菅裕,糀場富美子,そして最後にフィリピンのLa Verne de la Penaさんの作品をもとにして,小学校,中学校の子どもたちが果敢に音楽づくりに挑戦しています。
ぜひご覧ください。

「音楽の授業づくりジャーナル」6号リンク
https://www.icme.jp/journal/

International Journal of Creativity in Music Education vol.8

International Journal of Creativity in Music Education vol.8

「新しい音楽教育を考える会」発行の上記ジャーナルの8号が、発行されました。特集は「音楽の創造体験から新たな日常を!」。序文を書いてくださったAi-Giri Tan先生の言葉です。
査読論文の他、2018年に日本滞在中だったVictor Fung 先生による講演を、Fung先生ご自身がおこしてくださいました。ご高覧いただければ幸いです。

https://www.icme.jp/en/jcme/

編集長
新しい音楽教育を考える会
代表:坪能由紀子

「音楽の授業づくりジャーナル」4号発行

「音楽の授業づくりジャーナル」4号発行

 2月10日に「音楽の授業づくりジャーナル」4号が発行されました。特集は「Creative Music と作曲家 I」です。日本の作曲家3人の作品と、リゲティのMusica Ricercataをもとにした授業が紹介されています。作曲家と小学校・中学校の先生方、そして演奏家の方々の協力により、今までにない授業が展開できたと思います。ぜひこのHPからご覧いただければと思います。
               (編集委員代表:坪能由紀子)